2018年1月14日日曜日

2017年の抱負はクリア出来たのか!?そして2018年の抱負とは!?


「!?」



!?


ビックリマークとクエスチョン



2018年はこういうのも使う


!?



早速一つ目の抱負


今年はこういうのも使う


使う〜〜!?



使っちゃう〜!?




2017年に掲げた抱負


◎ゲームをする
×映画を100本見る
×本を1冊読む
◎休む
◎痩せる
×予定を立てる


3勝3敗!!!!

ドロー!!!

引き分け〜〜!?


ゲームは死ぬほどした。映画は56本。本は1冊も読んでない。休んだ。多少痩せた。予定は立てなかった。思いつきで行動し続けている。3勝3敗!!!!ドロー!!!



そして2018年の抱負


・ゲームをする
・映画を100本見る
・本を一冊読む
・音楽を聴く
・繋ぐ



ゲームをして、映画を100本観て、本を読む。近年あまり音楽を聴いていないので聴く。で繋ぐ。最後だけすごい抽象的だけど「繋ぐ」


どういう意味だろう。

コネクト


せっかくブログで公開してる訳だから、分かりやすいことを言いたいんだけど、今年の抱負って考えたときに真っ先に出たのが「繋ぐ」だったから繋ぐです。


繋ぐんですよきっと。

他人の家のwi-fiにスマホを繋ぐんです。


今はまだ分からないけど、2018年の年末に一年を振り返ってみて「あ〜〜〜今年は繋いでたな〜〜」ってなれば良いな。

年末に一年を振り返って「あ〜〜〜僕の家の地下にトンネルを掘って石原さとみの家に繋いでたな〜〜〜〜」ってなればいいな。


夢みたい話だな!!!!!!!


毎日遊び行こう。


毎日行って毎日「おはよう」って言おう。


「おはよう」って言う!!!!


2018年の抱負は

石原さとみにおはようって言う!!!



言う〜〜〜!!!!!!



おしまい。



2018年1月4日木曜日

ゲームオブザ俺イヤー2017



発売された年は関係なく「2017年に遊んだゲーム」の中で特に印象に残ったものを5本紹介したいと思います。

正月やることない人がこれを参考にゲーム買って「うわ、あいつが勧めてたゲームマジで面白いじゃん」とか思って頂けると、僕の株も上がるのかなと思います。




第1位

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

発売日: 2017/3/3




まぁこれです。音源にもしてないし文章も書いてないので「え、持ってたの?」って思う人もいるかも知れないけど持ってたしやってたし、2017年一番食らいました。


半年以上前にプレイしてるので、そんなに細かくは覚えてないけど、僕は「武器が必ず壊れる」ってところがすごい好きでした。他にも「世界が広い」とか「自由に動き回れる」とか魅力はあるんだけど、僕は武器壊れるところが好きでした。


なんか武器を持ってるんですけど、何回か攻撃すると武器が必ず壊れるんです。だから敵に囲まれてようが何しようが途中で剣が壊れて、その辺の棒拾って叩いたり、倒した敵の武器を奪って戦ったり、


大体こういうのって1個強い武器手に入れたらそればっか使っちゃうんですけど、このシステムだと入れ替えが激しくて全ての武器を等しく使うから、飽きなかったです。このシステムじゃなかったら拾った棒なんか使わないから、良いシステムだなーと思いました。



第2位

This War of Mine

発売日:14/11/14




一言で言うと「一般市民を操作して終戦まで生き延びるゲーム」なんだけど、これも心を奪われました。


スタートは2~3人で廃墟みたいなところで暮らし始めて、家の中で使えるものを探して、イスを作ったりベッドを作ったりして、夜になったら外に出て物資を集めて、設備を増やしていって


強盗が来ることもあるので家の守りも固めて、メシ食って、病気やケガになったら治さないといけなくて、寒波も来るので寒さ対策もしなくちゃいけなくて


これといったストーリーも用意されてないので、文章で書くと「作業の多い淡白なゲーム」だと思われるかも知れないけど、このゲームのストーリーは実際にやった本人にしか分からない。だから魅力を伝えるのが難しいんだけど、






なんていうか、例えば僕の場合は、ゲームの進行上そんなこと気にしなくていいんだけど、料理はなるべく女のキャラにさせたり、力仕事はごつそうな名前のやつにさせたり、そんなんがちょっと楽しかったりして


4人で協力しながら暮らしていたんだけど、ある日ゴツそうな名前のやつが探索で入った場所で悪党に出くわして、射殺されて、翌朝残された3人ですごい悲しんで、その夜に周りの反対を押し切って女が斧持って復讐しに行って、射殺されて、残された2人がうつ病になって1人がそのまま自殺して、


最後の1人も精神崩壊して、もうダメだ死ぬしかない、、、、って時に新たな仲間が増えて、そこから元気を取り戻して2人でなんとか立て直して、みたいな!!!!!!!!


これ全部、僕が操作して僕が勝手に盛り上がってるだけなんだけどね!!!探索中に射殺されたのも僕のヘマだし、復讐なんか行かなくてもいいし、わざわざ女のキャラ選んでるのも僕だし、「周りの反対」なんかねえし!!!!!!


ゲーム側が用意してるストーリーでは全然ないんだけど、こんな想像をしながら遊ぶのが面白かった。


ただ今ではもう遊びすぎてどこに何のアイテムがあるのか、何を集めるべきか、何を作るべきか、優先順位もバッチリ頭に入って無駄なく動けるようになってしまったので、


「もうこいつら戦争前より裕福だろ」ってくらい余裕を持って暮らせてしまってつまらない。








第3位

スプラトゥーン2

発売日:17/7/21





プレイ時間とか、あと方々でスプラスプラ言ってるから入れざるを得ない。第3位スプラトゥーン2です。


厳密にいうとスプラトゥーンというか、この中に入ってる「サーモンラン」っていうミニゲームみたいなのがすごい好きで、そればっかやってるんですけど、


4対4でインクを撃ち合う通常のスプラトゥーンに対してサーモンランは、4人で結託してコンピュータのシャケをボコボコにするモードで、大きなシャケを倒すと出てくる「金いくら」っていうのを、決められたノルマ納品するとクリアで、なんかね、楽しいんですよね。


スプラトゥーンに関してはゲーム自体というよりも、その展開の仕方に感心させられる部分があって、アップデートが多いのもそうなんですけど、とにかく「遊ぶキッカケ」を作るのが上手だなと思って。





定期的なアップデートでブキが増えて、ステージも増えて、ゲーム内ショップの服とか毎日更新されて、先述したサーモンランは2日に1回しか遊べなくて、通常ゲームモードもステージが2つしかなくて、2時間に1度ステージ交換があって、ルールも変わったりして、


多少飽きてても「あ、ブキ増えたんだ、やってみよう」とか「あ、服チェックしよう」とか「明日サーモンランじゃん」とか、ユーザーの遊ぶキッカケをより多く設けてる気がして


それの極めつけが「フェス」で


ゲーム内でのお祭り、音楽フェスみたいな設定で、2ヶ月に1回くらいなのかな?ユーザーが2派に分かれて戦って、特殊なアイテムがもらえたりするやつなんだけど、


例えば「マヨネーズとケチャップとどっちが好き?」みたいな質問でユーザーを2分して、マヨ軍とケチャ軍で1日戦わせて、最終的にどっちが勝ってたか発表して、みたいな


ゲームから離れてても「お、フェスじゃん!」みたいな感じでゲームに戻る強烈なキッカケになってると思うんですよね。質問自体も「唐揚げにレモンかける?かけない?」とか「マックのポテトとナゲットどっち好き?」みたいな分かりやすいもので


これが「サブインク効率とインク回復力UPどっち付けたい?」みたいな質問ならクソだったんですけど、唐揚げにレモンかけるかかけないかの興味ってゲームに関係なくあるやつだから、その入り口でゲームで、フェスって設定で、どっちが強いかみたいな、なんか、スゲーなって思いました。


恐らくこれってソシャゲのそれなんですよね。中身は据え置きのシューティングゲームなんだけど、側がスマホゲームというか、定期的に新要素入れてユーザーを留めておく感じがスマホゲームっぽいなと思って、あと偉いのはそれに課金させないところなんですよ。


70%~80%くらいでゲームを出して、あとはダウンロードコンテンツで買わせて100%にするみたいなことじゃなくて、ゲームそのものは100%で出していて、追加要素はあくまでその100%を維持し続けるためのものを無料で出していて、とても感心しました。



べた褒めやないけ!!!!!!!


どんだけ褒めるんだよ。







第4位

アランウェイク

発売日:10/5/14





2017年でも何でもないゲーム。今年やったゲームの中でかなり印象に残ってるのでランクイン。


小説家がいて、新作が書けなくて困ってたら、自分の夢の中にまだ書いてない次回作の原稿が落ちてて、それを拾いながら現実と妄想の中で闇の存在と戦うゲーム、難しく言うとそんなゲーム。簡単に言うと懐中電灯でオバケを倒すゲーム。


謎から謎が出来てきて謎謎謎!!!って感じのストーリーなので万人受けはしないと思うけど、僕は屈強なマゾヒストなので開始2分で引き込まれてクリアまで一気にプレイした。謎の中にぶん投げられて「ほら謎だぞ!食え!」って感じが心地よかった。





僕が一番感心したのはキャラクターが同じセリフをほとんど言わないこと。ゲームって例えば洞窟の場所を教えてくれるキャラクターがいたら、そいつには何回話かけても「洞窟はあっちだよ」「洞窟はあっちだよ」「洞窟はあっちだよ」しか言わないと思うんだけど


このゲームの場合は「洞窟はあっちだよ」「洞窟はあっち」「あっちだっけな」「しばらく行ってないな」「最後に行ったのはええと...」「あ!あのときだ!」「ちょっと聞いてくれよ」みたいな


いつまで喋ってんだお前!!みたいな、些細なことだけどそれが本当に存在している生身の人間っぽくて、ゲームのリアリティというか没入感を上げていたような気はした。


ゲームのほとんどの時間は一人で夜道を歩いてて心細い感じなので、たまにある「人との会話」が結構ちゃんとしてたから良かった。人の温もりだね。温もりだよ。懐中電灯でオバケを倒すこのゲーム!おすすめ!






第5位

ボーダーランズ2

発売日:12/9/18




これも相当やりましたね。ニンテンドースイッチのマリオカートやマインクラフトも死ぬほどやったので、それらがランクインしてもよかったんですけど、ボーダーランズの方がより死ぬほどやってたので5位にランクインです。どんだけ死ぬんだよ。


一人称視点のシューティングゲームで、SFな世界を旅して、敵を倒してレベルを上げて、敵の武器を拾ったり、宝箱から武器を拾ったりして、とにかく「強い武器」を集めるゲームです。


RPGの要素もあるので結構時間泥棒なゲームで、気づいたら平気で一ヶ月経ってます。


ゲームをゲームで例えても仕方ないんですけど「Fallout」ってゲームのシューティング部分をかなり強化した感じのゲームです。人と協力しながら遊べるのでそれも良かったです。






そんな感じですかね、ボーダーランズ2やったの今年だけど遠い昔のような記憶なので、あんまりないですねこれ以上。




以上です!!!!



いかがだったでしょうか。繰り返しになりますが「あいつの言ってたゲーム面白いじゃん!!やるな!!」と僕の株が上がることを祈りながら、このランクを締めさせて頂きたいと思います。


2018年はモンハンも出るし、色々出るし、個人的にはレッドデッドリデンプションの続編がすごい楽しみなので夢いっぱいだなと思います。


ではさようなら。


Steamのセール今日の夜中までです
http://store.steampowered.com/



良いお年を!!!




2018年1月2日火曜日

元旦から高熱出して寝てるブログ


元旦起きたら38.2℃あって寝て

今日起きたら38.7℃あって寝た


家に食べ物がないのでフラフラしながらスーパーに向かって、ああ今なら小学2年生に蹴られただけで死ぬ、と思いながらスーパーに向かって、食料を買って帰った。


ここまで弱ったの久しぶりなのでつらい半面、懐かしさみたいなものもある。あと元旦から食らってるので「そっち(2018年)がその気ならこっちも本気出しちゃうよ?体調管理しちゃうよ?体調を管理しちゃうよ?」みたいな火花もバチバチに散っている。


理想は明日で一旦落ち着いて、4日5日でクールダウンして、6日から復帰したい。本当は年明け放浪してる予定だったんだけど、これはもうダメだな。時間的に無理だ。


もう一箇所に1泊2日くらいで行ってその土地の美味しいものを食べて、町並みを楽しみながらのんびり散策して、写真とか撮って、友達へのお土産を買うくらいしか出来ないな。あーあ。


2018年1月1日月曜日

僕的2017年音楽大賞


2017年って言ってるけど2017年関係ないです。


リリースされた年は関係なく僕が「2017年聴いたな〜」って曲を10曲選びました。以前はこれ毎年やってたんだけど、最近新しい音楽をまるで聞かなくなったので2016年はお休みで、2017年に満を持して復活しました。


明けましておめでとうございます。



※2017年に書いてた記事なので「今年」ってのは2017年のことで、来年ってのは2018年のことです。





前置きが長くなるけど、先日radioDTMというラジオに出してもらった時も「今年なに聴いた?」という質問に対して、すごいまごまごしてしまったので、じっくりと時間をかけて「今年何聴いたっけな〜〜」と考えて10個選びました。


10個!


だから自分で音楽やってて、リリースもしてライブもして色々メディア活動をして、その上でTwitterとかインタビューで「この曲いいよね」みたいな話をしてるアーティストは大したもんだなと思いました。大したもんですよ。



10個です!!!!!!!





1位

David Grisman Quintet - E.M.D




いきなりこんなのを持ってくる辺りで「あ、ガチ(で何も聴いてないん)だな」と察して欲しいんだけど、強いていうならこの曲を一番聴いたような気がします。この曲というかこの人というか、Dawg(ドーグか ドーグァか ダーガッ!)っていうジャンルの音楽で、どういう音楽かとか、聴いた経緯とか書くと長くなるので、嫌がらせで全部書きます。


仙台で年に一度「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」っていうイベントがあって、街の公園とかちょっとした広場とか道端にステージがあって、そこでバンドとかシンガーが「ジャズ寄り」の音楽を演奏するイベントなんだけど


そのときちょうど帰省してたので僕もジャズフェス行って、そこで見たおじさんのバンドがこの「David Grisman」のカバーを演奏していて、弦楽器だけでテンポが速くて音数が多くて、聴いたことのない音楽だったので「うわ〜〜!!」とハートを撃ち抜かれて


夜はバーで演奏するらしいので、そのままバーにも演奏を見に行って「うわ〜〜〜!!!!」となって、大変興味を持ったので演奏が終わってからベースのおじさんに「これなんて音楽なんですか?」と聞いてみたら


「マンドリンの得意なおじさんがブルーグラスとかジャズとか混ぜて作った "Dawg" ってやつだよ」と言われて「あ〜〜〜ブルーグラス」と適当な返事をして、家に帰ってからも結構聴いた気がするので第1位です。めちゃくちゃ格好いい。



せっかくなので僕がみたおじさんの動画も貼る。





僕が見たのはこの動画にアグロギター(寝かせて弾く変なギター)を加えた編成だったけど、めちゃくちゃ良かった。2017年一番聴いたというか一番刺さったのはこの「Dawg」っていう音楽です。ダーーーガッ!!!!












第2位

McGuire Sisters - Something's Gotta Give





無事に嫌がらせが済んだので第2位。第2位はマグワイア・シスターズっていう人たちの曲。古くさい曲。そんなに知らないけどよく聴いた。


また説明が長くなるけど、僕の人生の時を止めたゲームの一つに「Fallout3」っていうゲームがあって、そのゲームの中でラジオが流れてて


50年代くらいのアメリカ歌謡がずっと流れてて、そのサントラみたいなのを今年見つけて、買って聴いて「わ〜〜〜〜〜〜〜!!!」ってずっと聴いてたので第2位。


厳密に言うとこの曲が流れてたのは「Fallout3」の続編の「Fallout:NewVegas」だったと思う。どっちでも良い。ゆったりしてる部分とシャキ!っとしてる部分がピリっとしてて好き。






第3位


Yunomi feat.nicamoq - ゆのみっくにお茶して






Yunomiさんっていうトラックメイカーの曲に、「にかもきゅ」さんっていうアイドルの人が歌ってる曲。これすごい聴いた。昔の外人→昔の外人と来てこれ現役の人たちだから、なんかさん付けにしちゃったけど、良いな〜〜〜。


なんかキラキラしてるベースミュージック、FutureBass?って言うらしい音楽。結構好き。もともと僕がBPM15Qっていうアイドルユニットにハマった時に「曲やば!誰作ってんの!?」と思って調べたらYunomiさんって人で、そこからコソコソ聴いてる。





第4位

Metronomy - A Thing For Me




第4位はメトロノミーってバンドの曲。今更だけど思いついた順に書いてるので順位とか別にない。


以前からこの曲というか、この曲が入ってる「Nights Out」ってアルバムを夜行バスに乗りながら聴くのがすごい好きで、今年は夜行バスにすごい乗ってたので、第4位。


夜行バスに乗ったら必ず聴く。ドライブを意識して作ったアルバムだと思うんだけど、これをバスのカーテンの中に潜って高速道路をぼんやり見ながら聴くのがとても好きです。宇宙に行ける。





第5位

PHAROAHE MONCH - DESIRE





ファロアモンチって人の曲。格好よすぎて話にならないね。ここまで2017年にリリースされた曲が一つもないけど話にならないね。


トラックもラップも全部格好いいね、話にならない。個人的な好みだけどヒップホップはこういう前向きな音のほうが好き。


そういえば今年はトラックをよく聴いていた。いろんなトラックメイカーを聴いて、何人かバシーン!!!と来た人がいたので、その人たちのインストをとにかく聴いてた。


この曲のトラックもそのバシーンって人が作ってたと思う。なんか第5位。





第6位

The Alchemist - Chetzi





そのトラックメイカーの曲。アルケミストって人。書きながら思い出してきたけど今年は本当インストばっか聴いてた。特にこの人が好きでデジタルデータが擦り切れるほど聴いた。


なんか昔BEGINのボーカルの人がラジオで「今は音楽たくさん聴ける時代だけど、自分でやりたい人はとにかく好きなものを聴きまくったほうが良い」みたいな「数聴く必要はない」みたいなニュアンスのことを話していて


何年も前のことだし僕そんなにBEGINの大ファンって訳でもないし、僕自身「音楽を作ってます!」みたいな意識も無いんだけど、それをすごい覚えていて、とにかく聴きまくった。


でもトラック作る人はサンプリングとかするから、そういう意味では数聴いた方がいいのかなとも思うけど、なんすかね、知らない。




第7位

Sylvester - You Make Me Feel (Mighty Real)




シルヴェスターって人の曲。こういう音楽好き。変なMVだね。良いね。


第7位に来て!!!!いよいよこの文章の薄さ!!!!!!


2017年何も聴いてない感が出てきたので水増しするけど、なんか良いよね!!!!

なんか良いんだよな〜〜〜。

グッド!






第8位


どうぶつビスケッツ×PPP - ようこそジャパリパークへ







けものフレンズというアニメの曲。すっかり忘れてたけど今年は圧倒的これだ。これだな!!!!!これじゃねえかよ!!!!あ〜〜〜!!!!これだわ〜〜〜〜!何がデビッドグリスマンだよ。これだろ!!!!!アホめ!!!!!


これです!!!!!!!!


第8位!!!!!


これだ!!!








第9位

CY8ER - 手と手




サイバーっていうアイドルグループの曲。第3位で出てきたYunomiさんって人が曲作ってる。キラキラしてて可愛い感じだけど格好いい感じもして、格好いい感じがする。


原宿界隈の感じというか女の子たちの感じとこんなに合うかね?ってくらいサウンドとビジュアルがバシッときててやべえなと思った。




第10位

NORIKIYO - 枯れない花束




NORIKIYOさんが春くらいに出してた曲。このアルバムすごい聴いたな。比較するのもおこがましいけどざっくり分けたら同じジャンルにいる人間としての感じと、1リスナーとして好き好き〜!!って言いたい感じがあって、文章書きづらいんだけど、好きでよく聴きました。




第11位

アイドルネッサンス - Blue Love Letter





第11位はアイドルネッサンスの曲。10曲って言ったけどはみ出ちゃった。夏ころリリースされたミニアルバムの曲で、今年は去年よりルネッサンスの現場にいたので、そこでよく聴いた。


なんというかアイドルネッサンスは僕のド芯をガッツリ食ってるので、もう何やっても大好き。




以上です!!!!



もう思いつかないので多分こんな感じだと思います。思ってたより聴いてたけど、やっぱり例年に比べて全然聴いてない。来年はもっと聴こうと思いました。もっともっといろんな音楽を聴いて聴いて聴きまくってBEGINのボーカルの人にぶん殴られようと思いました。


良いお年を!!!

良い2019年を!!!




2017年12月31日日曜日

第3回 iTunesカード旅まとめブログ


先月行われたこの名称が定まらない旅。僕がiTunesカードを持って各地を旅するやつ、全国18の都道府県を回って結果何人くらいに会ったのか、何枚くらい売れたのか、どんなことがあったのか、細かくまとめてないなと思ったのでブログを書きます。