2015年2月28日土曜日

チェスをする女という本を読んだ


ふざけた文章を書くけど、1ページ半読んだところで飽きちゃいました。本を読まない為に開発されたデジタルギアこと僕がいよいよ本を読むぞという話を先日したんですけど、図書館でなんとなく借りてきた「チェスをする女」という本を読んだんですけど、1ページ半で力尽きましたねえ、読めなかった。なんですかね〜〜、平たく言うと馬鹿なんでしょうね、

いや!でもこの本ちょっと難しかったですよ、文章がね、冒頭からなんか砂丘がどうだ太陽がどうだって言うんですよ、知らないですよ!そんなの!勝手にしてくださいよ、もう女がチェスをする前に飽きちゃったから、さっき図書館に返してきました。でも「本を読むぞ!」と啖呵を切った手前なにか読まないといけないなと思ったので、なんかエネルギーの本を読みました。エネルギ〜〜〜〜。

2015年2月26日木曜日

10年ぶりに図書館に行った

本を読まない為に生まれてきた男こと僕が、図書館で本を借りて来ました。僕が図書館に行ったのなんて中学1年生の夏休み以来なので、かれこれ10年ぶりくらいに行きましたけど、いま凄いですね、図書館。

本はもちろんCDとか映画のDVDとかもいっぱいあって凄かったです。マトリックスとかダーティハリー4とか、トレインスポッティングもあった、すごいなあ図書館。あとマクドナルドよりいるんじゃねえの??ってくらい女子高生がいた、勉強してた、映画とCD音源がタダで手に入る上に女子高生もいるって、どうなってんだよ図書館。

特に読みたい本も無かったのでその辺に置いてあった「チェスをする女」という本を借りてきました、表紙の絵が素敵だったので借りてみました、どんな本なのか全然知らないけど今晩から読んでみます。いよいよ僕が本を読みますよ!!!!!!人生で4冊目の本、楽しみ。女がチェスをするのかな、わくわく、

2015年2月25日水曜日

6MIC7SOUL

おととい、おれ、みた、アプガ、リリスク、みた、アイルネ、みた、ひとばんで、みた、ここ数日まいにち夜8時には就寝していたので眠たくて仕方なかったけど、おれ、みた、なんか知らないけど2列目でみた、近距離、アイドルネッサンス→リリスク→アプガという順でライブをしていて、僕は見ていたのだけど、生で見るとみんな可愛いな、みんな可愛かったよ。

ずっとニコニコしながら踊ってて、アイドルって近くで見るとあんなに笑っているんだな、すげえ笑ってた、それを見て僕もなんか明るい気持ちになったよ、くそみたいな文章だけど彼女たちから元気をもらった訳です。別に落ち込んでいた訳じゃないけど、可愛いアイドルを見て元気になりました。というか目の前であんなに笑われたら否が応でも元気にならざるをえない、あれは元気の恐喝だ。カツ上げだ!!僕の陰気な心を返せ!!!

関連記事:PARADE / lyrical school
     バレバレ I LOVE YOU / アップアップガールズ(仮)
     17才 / アイドルネッサンス

2015年2月24日火曜日

髪を切った(画像なし)

髪を切った話は画像をつけて話せよ!!!みんなが僕のオシャレな髪型を参考に出来ないじゃないか!!!切ったの5ヶ月ぶりかな、9月下旬に丸坊主にしてから「頭髪」に関しては完全放置だったので、久しぶりに髪を切りました。


知らない理髪店に入って知らないおじさんと会話する度胸がなかったので、10分1000円!みたいな触れ込みの店で切ってもらいました。技術的にもサービス的にも特に文句なかったです。


無意味に頭を丸めるくらいの僕なので、多分どこで切っても文句なかったと思うけど、幼少期に一度そういう1000円カットのところで耳を切られたことがあるので、それ以来1000円カット系の店には行ってないんですよね。


今回久しぶりに行ったけどぜんぜん文句なかったです。安いしとにかくカットが早いので僕のようなビジネスマンにはすごい有り難かったです。


ちなみに耳の件は冗談じゃなくてマジだ、「軽くしてください」と言ったら耳まで切られた。大人になったいま考えると「耳も切って軽くしてあげよう!」という理髪師のサービスだったのかな??っていう風に思えるけど、あの頃の俺はすごい尖ってたからな、いつも周りを傷付けてばかりで、そういう優しさに気付けずにいた。


関連記事:頭を丸坊主にした、ついさっきの話。先週からずっと「坊主にしたいな」と悩んでいて、ついさっきノリで切った。自分で切ったにしては上手いし、生まれて初めての坊主頭が割と似合っていて驚き。僕はおでこが広くて顔が長いのだが、似合っている。と思う。あと今週末に千葉の幕張メッセで行われる「東京ゲームショー」に行くことにした。坊主頭がいたら僕だから声をかけて下さい。


2015年2月22日日曜日

「アフィリエイトで食っていくコツ」

みたいな記事しか書かないブログがアフィリエイトで食おうとするって、あれおかしくないですか??僕はアフィリエイトと普通の広告の違いもよく分かっていないですけど、「アフィリエイトのコツ」という記事しか書かないブログのアフィリエイトっておかしくないですか??

中身が無いというか結局こいつは何も喋ってないじゃないですか、例えばオススメのモチを紹介しているモチ人間のブログで「これこれこういう風にやると広告収入って入るんですよ〜〜不思議でしょ〜〜知ってた〜〜?」みたいな記事を書く分に分かるんですけど

「ん????で結果こいつなんなの??」って人が「アフィリエイトで儲けるコツ!」みたいな記事しか書いていないのを見ると ハ!?!?!ってならないですか???以上だ!!


2015年2月21日土曜日

サブウェイが美味い

最近サブウェイが美味い、昔から美味いんだろうけど、こないだ初めて食べた、すごい美味かった、他のジャンクフードと比べて野菜がたくさん入っていた、そういう「野菜は全部パンに挟んじゃえ!!」みたいな感覚が非常にアメリカ人らしくて良いな〜と思った、

が、僕のように食い方の汚い人間が手でサンドイッチなんか食べた日にはもう、もうおしまいだ、ボロボロ落ちた野菜を手で集めて、そのまま食べて、なんだろうな、日本でもアメリカでも無い異国情緒が出ていた。

関連記事:魚肉フライパーカー

2015年2月20日金曜日

Instagram、楽しい

インスタグラムが楽しい。さすがユーザー登録数がTwitterを上回ったサイトだけありますね!!!、、、、僕が投稿したいくつかの写真に、自分の肌感覚では「結構イイネ押されてるんじゃないの??」ってくらい外国人の方がイイネを押してくれたんだけど、


これはなんだろう、おれもそいつのところに行ってイイネ押し返してやったほうがいいんですかね??#SUSHIというタグで投稿すると必ずイイネを押してくる外国人のオッサンがいるんだけど、僕もそいつの寿司フォトにイイネを押したほうが良いのかな、僕は可能な限りこのおっさんを喜ばせてあげたい。


ただけっこうブログで出してきた写真も処理し直して投稿してたりするので、恥ずかしくて僕のアカウントは教えられないけど、寿司のおっさんは教えます。寿司のおっさん たぶんこれ寿司のおっさんというか「寿司屋のおっさん」だと思うんですよね、


自分の国でカラフル寿司を作ってるおっさんだと思うんです、このブログを見ているような奇特な方はInstagramなんてまずやってないだろうとは思いますが、機会がありましたら是非、彼の寿司にイイネを押して上げて下さい、彼には幼い娘もいるみたいなんです、なのでどうか、どうか宜しくお願いします、


こんな時代だからこそ、寿司のおっさんを盛り上げて行きましょうよ!!!みんなでたのしいみらいをつくろう!!絆!!!!絆!!!!絆!!!!絆!!!!絆!!!!

関連記事:Instagram、流行るな

Instagram、流行るな

ついに僕がインスタグラムに登録したけど、こういう「友達がいる前提」で話が進むサービスはもう勘弁してくれよ、写真のサイトだから油断していたけど登録するなり友達を招待しますか??とか友達を探しますか??とか、攻撃をしないでくれ、1人のやつだっているんだから。

まあ、SNSってそういうところだから仕方ないのかも知れないけど、だいたいインスタグラム、パソコンから写真をアップロード出来ないじゃないか、ぜんぜん使い物にならないじゃないか、普通パソコンだろ、

とは言えせっかく登録したのだから試しに寿司の写真を投稿してみた。そのときついでにハッシュタグ「#SUSHI」で検索して、世界の人達が投稿している寿司の写真を何枚か見たけど、寿司に訳分かんないオシャレなエフェクトかけてんじゃねえよ!!!!

寿司がなんか鮮やかな、なんか"全体的に青い"みたいな、こじゃれたエフェクトかけてんじゃねえよ!!!寿司は寿司でいいんだよ、なんでこんな物が流行るんだ、僕はアンチインスタグラムをここに宣言する。寿司を青くするようなサイトに我々は屈してはならない、

関連記事:Instagram、楽しい

2015年2月19日木曜日

都庁に行った

これが都庁なのか定かでは無いが、たぶん都庁に行ってきた。「行ってきた」という言い方も微妙で「新宿歩いてたらなんかあった」が正確、「喫茶店に入ろうと思い僕でも怖くない喫茶店を探して小一時間歩いていたら、なんかあった」がより正確。ただ都庁には用が無かったので特に書くことも無いな、晴れてる、でビルが2個、新宿駅前をスタートしてここまで喫茶店1つまともに見つけられない僕の問題には触れない。

2015年2月18日水曜日

僕をフォローするくそアカウントの特徴


ツイッターユーザーは全員そうなのかも知れないけど、最近いかにも女子が呟きそうな「あ〜〜来週たのしみ〜〜♪♪」みたいな漠然とした文章を一定のペースで自動投稿するだけの人工的なアカウントによくフォローされる。そのダッチワイフアカウントに信憑性を持たせるために恐らく同一人物が保有しているのであろう別のダッチワイフアカウントでダッチワイフアカウントのツイートをお気に入り登録しあっていたり、相互フォローでフォロー数とフォロワー数の調整をしていたりして「実在する女の子」を装っているのが超気持ち悪い!!!

実在する女の子が出会い系サイトのプロモーションをしげしげリツイートするかよ、しかも大体のアカウント名の後半に「○○垢」みたいな「わたしアイドル好き過ぎて専用のアカウント作っちゃいました〜〜♪繋がりましょ〜〜♪」みたいな空気を装っていて、おいアイドルファン!!!狙い撃ちにされてんぞアイドルファン!!!アイドルファンが出会い系なんかに金落とすかよ、なめるな!!本当にムカつく。本当にムカつくからオレもそういうアカウントを作った。http://twitter.com/LinQnoMEMBER 今日から僕は出会い系です、このブログも出会い系サイトです、

2015年2月17日火曜日

俺氏、ビッくらポン!に勝つ

掲示板のスレッドタイトルのようなタイトルだけど俺氏がビッくらポン!に勝った。しめサバを4皿食べたらこのしめサバのストラップが出てきて勝った。隣にいたオッサンは1人で20皿食っても勝ててなかったので、コツは出したいストラップのネタをひたすら食べることだと思った。

サバのストラップが欲しかったらサバを食べて玉子のストラップが欲しかったら玉子をひたすらに食べていれば良い、それで勝てなくたって俺は知らない。生まれて初めてくら寿司に行ったけど僕がよく行くケチな寿司屋より安いし美味いし何より端末注文というシステムが僕のようなシャイボーイには大変有り難かった。僕はいつもケチな寿司屋のオッサンに「アジください」となかなか言えずアジが自分の目の前に回って来るまでジッと耐えているので、端末注文は神。

2015年2月16日月曜日

神室町に行ってきた

人生三度目の神室町に行ってきた。「歌舞伎町」と言うと言葉の響きだけで既に怖いので僕は歌舞伎町を神室町(かむろちょう)と呼ぶ事にしました。神室町はテレビゲーム「龍が如く」に登場する"歌舞伎町"をモデルにした架空の街で、僕はこのゲームのそこそこファンなので街を歩いていると少し聖地巡礼みたいな感じがしました。客引き怖いな……とかキャバ嬢エロいな……とかよりも「うお〜〜!!ここでユウヤがチンピラと戦ったのか!!」とか「ここのバーのマスターが血まみれで死んでたな!!!」とかそんな感じでした。特に用も無いのでラブホの写真をたくさん撮って家に帰りました。

2015年2月15日日曜日

絵を描いた

正確には絵は描いていないのだけど、ほとんど絵を描いた。一瞬だけツイッターのアイコンにしていたので気づいた人も居るかもしれないけど(いるかっっ!)僕が撮った写真を加工して加工して作った。もともとは友達がサイゼリヤでワインを注いでいる写真、それを編集ソフトにぶち込んで調整して作った。母親に見せたら「ベネッセの個人情報が漏れた件でうちに図書カードが送られてきたんだけど、いる??」と褒められたのでこれから僕はフォトリタッチャーを気取る。今日から僕がコシノジュンコだ。 中東と日本

2015年2月14日土曜日

チョコレイトディスコナイト

先日の夜中「チョコレイトディスコナイト」というイベントに行った。このイベントはエレキコミックの人が催しているDJとバンドとお笑いのあるイベントで、僕はその日の23時にもう家で寝ていたのだけど友人から届いた「今から新宿向かう」というメールで自分が誘っていたことを思い出し、眠い目をこすってライブハウスまで行った。


昨年も似たようなイベントに行ったのだけど、そのとき僕は酒をガブガブ飲んで女の人に声をかけまくりそして、片っ端に気持ち悪がられるという香ばしい体験をしているので今回は「酒を飲まない」「人に話しかけない」というルールを設けてイベントに行った。


当然だが超つまらなかった。当たり前だ、音楽に重きを置いたオールナイトのイベントで「酒を飲まない」なんて選択は有り得ない、「人に話しかけない」というルールに関しては一緒に行った友人ともほぼ会話をしていないほどの徹底ぶりだった、


今思えばなぜ僕はあの場で1人、謹慎をしていたのだろう。酒を飲んで酔っぱらったり、女の子をナンパしたり、軽く踊ってみたり、あの場所には色々な人がいたけど「謹慎」をしていたのは僕だけだった、本当に何をしに行ったんだろう。


でもバンドの演奏は飲酒の有無に関わらないのですごい良かった。本当に最高だった。時間的に「水中、それは苦しい」というバンドしか見ていないのだけど、最高だった。それが唯一の救いだった、彼らの音楽が謹慎中の僕を救ってくれた、どんなときでも音楽は僕たちの味方だ、


逆に泥酔していたらこんなに感動することも無かったかもしれない、誰かに話しかけていたら「水中、それは苦しい」というバンドに出会えなかったかもしれない、そのとき僕は昔のえらい人が言った「友達はいない方が良い、芸術が友達になってくれるから」という言葉を思い出した、まさにその通りだ、「水中、それは苦しい」というバンドが僕の友達になってくれた、


ありがとう「水中、それは苦しい」というバンド。ありがとう「チョコレイトディスコナイト」というイベント。ありがとう!!!ありがとう大地!!空!!!太陽!!ありがとう!!!!世界の神々!!!ありがとう!!!僕はこれからも酒を飲まないし!!!誰とも会話をしない!!!!!かしゆかとしか話さない!!!!ありがとう!!かしゆか!!!!かしゆかあああ〜〜!!!!!就寝


2015年2月13日金曜日

ポエム

最近友人と会う度に酒がなんだ焼き鳥がなんだと身銭を浪費しているので、ここは一つ金のかからない遊びをしようじゃないかということでポエムを作った。早朝ツイッターに上げていた奇文は僕のポエムなのだが、読んだ人はついに僕の気が触れたのかなくらいにしか思わないのだろう、あれは僕のポエム、僕はこれからビルの隙間から覗く太陽の写真に自作のポエムを添えてツイッターに投稿する女子大学生になる、ゴーヤチャンプル、ぱくぱく、

2015年2月12日木曜日

オーストラリア人と飲んできた

正確には「隣にいたオーストラリア人観光客と談笑した」という事なのだけど、ほとんどオーストラリア人と飲んできた。久しぶりに外国人と会話したけど僕は意外に英語が分かった。「この辺りでオススメのバーは無いかい?」と聞かれたので「オススメのバーは(今居る)このバーだぜ!」って言ったらすごいウケてた。


オーストラリア人のツボが分からないけど少し嬉しかった、オーストラリア人はみんな善人なので僕の支離滅裂な英語を嘲り笑っていたなんてことは決してない。ただ1つ困ったのは、あいつら飲めない癖に珍しがって日本酒とか焼酎とかガンガン頼んで、ほとんど一口だけ飲んであとは全部僕によこしてきて、MOTTAINAIお化けの僕はそれを全部のんで、ゴミみたいに酔っぱらってしまったので、それは少し困った。でも楽しかった。


2015年2月10日火曜日

魚肉フライパーカー


空を見上げて
ここにいなくても
ふとした瞬間に
幸せを感じるの

自分の気持ちが
分からないとき
わたしは黙って
この空を見上げる

ああ

イナゴの大群だわ

帰って洗濯物を

取り込まなきゃ

イナゴ・・・お洗濯・・・

イナゴ・・・・・


ふとした瞬間の

シアワセ


魚肉フライパーカー、税込み185円


2015年2月9日月曜日

JKカフェに行ってきた

JKカフェという健全な店に行ってきた。店は人通りの少ない路地裏の雑居ビルにあって、店内は薄暗く店の奥では金髪の店長が金を数えているようなまさに「癒しスポット」って感じの店。入店から退店まで様々な出来事があったのだけど、どれが公に公開して大丈夫でどれが条例に抵触するのか分からないのでここでは「JKカフェに行ってきた」くらいにしておきます。

カフェなので当然身体接触は無いし薄暗い店内で自称高校生と飲食しながら談笑するだけなんだけど、カフェとは言え"未成年"っていう部分がデリケート過ぎて僕にはとても扱えない、怖すぎるわ。

僕が現役女子高生に放った「よかったらセーターの毛玉ください」という台詞がどの条例に抵触するか分からないし、それに "条例をクリアして尚かつこれを読んでいる人に気持ち悪がられない部分" を切り取る作業が極めて困難なので「JKカフェに行ってきた」くらいに留めておきます。とても楽しかったです。

2015年2月8日日曜日

余裕

差押執行予告書の写真を撮って加工してブログに上げる余裕。これが大人の余裕、おれには小雪とウィスキーを飲む資格がある。


2015年2月7日土曜日

6年ぶりに後輩と会う

高校時代の後輩が千葉に転勤してきたらしいので会ってきた。僕には後輩と呼べる人間が彼くらいしかいないのだけど、6年ぶりに会ってきた。連絡を受けたのは夜9時ころで僕は既に米を2合炊いていたけど、会ってきた。

久しぶりに会ったけどなんてこと無かった、昨日まで一緒に部活をしていたような、そんな感じ。時間も遅いので2人でパンケーキを食べて帰った。本当になんてことなかった、彼はいま会っても良い奴だったし、俺も相変わらず良い奴だった。

ただ東京近郊に住んでいる友達がいないらしく僕に「友達何人か紹介してくださいよ〜」と頼んできた、彼は僕に友達がいると思っている。

2015年2月1日日曜日

セカオワのラジオに行ってきた

こっちのブログで書いてなかったなと思ったので書こうと思いました。でもだいたいこっちに書いてあります http://hikerakashi.blogspot.jp TOKYO-FMで絶賛放送中の「School of lock」というティーンの心掴んで離さない番組の公開収録に友人の付き添いで行ってきました。意外に思われるかも知れませんが僕はセカオワが嫌いじゃないので、普通に楽しかったです。イベントには僕のような陰気な男性の交流範囲とは明らかに違うゾーンの人達が集まっていたので、それも新鮮で良かったです。