2016年2月12日金曜日

俺氏、急にラップを始める




恥ずかしがり屋さんの僕がどういう訳か先月末からインターネット上でオリジナルのラップを公開し始めて、それに対して「恥」どころか自分で歌詞を考えてラップにしていく作業が「楽しい」と感じていて、使える時間全てをラップに注ぎ込んでいて1日1曲作っていて、これはマズいぞ!と思ったので一旦説明をします。




「ラップを始めた理由」を問われて思い浮かぶ言い訳は3つあって


①単純にしてみたかった

②マッシュアップ用のアカペラ音源が欲しかった

③今年の抱負が「少しでもやろうと思ったことは絶対にやる」だから


自称板橋最強DJの僕は平たく言うと「リミックス」のような物を趣味で作っていて、常日頃ボーカルだけの音源を探したり楽曲からボーカルの音声だけを抜いたりしていたんだけど、そのときにふと「俺がラップした方がてっとり早いな」と思い、思ってしまったら絶対に実行しなくていけないのが2016年の僕なので、ラップを始めた。


シンプルにまとめると「ヒマだから」


公開した音源の細かい説明をすると、基本全部ビートジャック、分かり易く言うと替え歌カラオケ、既存の楽曲のインストに自分で考えた歌詞を乗せているだけ、作曲はしていない。このブログを読んでいる人が全員「僕がラップを始めた理由に興味がある」という前提で話を進めるのもあれなので、これくらいにしておきます。



余談だけどリリカルスクールというラップアイドルグループの曲に「ラップをするのは楽しいです!」と言ってから始める曲があって、ライブの際はファンも一緒に「ラップをするのは楽しいです!」と叫ぶんだけど、今度から本心でそれを叫べそうなくらいには楽しい。


ただ僕は飽きるのがめちゃくちゃ早いので恐らく来週には「踊ってみたマジで楽しい!!!踊りサイコーーー!!!」とか言ってる。実際、踊りは最高。